MANT[マント]

自分でもできる!浴衣の着付け方法とメイクポイント♡

自分でもできる!浴衣の着付け方法とメイクポイント♡
夏祭りの季節。
浴衣で友達と、彼氏とお祭りに行く予定のコも少なくないはず♪
今回は、浴衣を自分で着つけるための着付けハウツーを紹介するよ!
自分で着付けができるととっても便利♡

浴衣メイクは盛りすぎ厳禁!自然体で♡

浴衣メイクは盛りすぎ厳禁!自然体で♡
浴衣メイクのポイントは、ズバリナチュラル!
がっつりアイメイク、こってりチークはNG。
理想は、湯上り和風美人♡

ツヤのある薄づきベースメイクは、BBクリームやリキッドファンデを薄く伸ばしてパウダーをオン♪
チークは肌馴染みのいいクリームタイプを、ほんの少しだけ。

アイメイクはパープル、ネイビーなど、浴衣の色や柄に合わせるとGOOD♪
アイシャドウの代わりにカラーアイラインを引いて、さりげなく色をのせてもいい感じ!

リップは自分の元の唇の色に合わせたものをチョイスしてみて。

浴衣の時の下着は?汗対策はどうする?

浴衣の時の下着は?汗対策はどうする?
浴衣を着るときは、下着はスポーツブラやブラタンクトップなどがオススメ。
ブラジャーだときつく感じることが多いみたい。

汗っかきさんは、制汗スプレーを吹きかけておいたり、お風呂に入ってから着付けると涼しく感じるよ♪首元、脇の下、内股の部分にベビーパウダーをはたいておくと、汗をかいてもサラサラ!

いざ着付け!~下準備から羽織まで~

いざ着付け!~下準備から羽織まで~
下準備は、ヘアメイクを済ませることと、着つける浴衣を近くの椅子に置いてかけておくこと、そして浴衣用スリップを着ておくこと。
この3つを済ませてから、いざ浴衣の着付けスタート!

1. 浴衣を羽織る。この時、背中の縫い目が真ん中に来ているかどうかを全身鏡で確かめるのがポイント。

2. えり先を揃えたら、浴衣の丈がくるぶしまで来るように持ち上げてキープ。キープしたまま、右側の浴衣を入れて、その上に左側を重ねる。腕を戻して、左側の浴衣のスソが右より3、4センチ高くなるように調整。

3. 腰紐を結んで、調整した浴衣を固定。ここでは浴衣がだぶついていても大丈夫!

浴衣の着付け〜整え、帯まで~

浴衣の着付け〜整え、帯まで~
4. 脇の下の穴から手を入れて、前後のウエスト周り(おはしょり)を綺麗に整える。

5. 衿の乱れを防ぐために、コーリンベルトを着用!脇の空き部分(身八つ口)からベルトを通して、衿の端を留め、背中から前に回し、反対側の衿を留めて固定する。

6. 背中の部分を軽く下に引っ張りながら、後ろえりを引き下げる。(これを衣紋と言うそう)

7. 伊達締めを腰に巻いたら、あとは帯を結ぶだけ♪帯だけはお母さんやおばあちゃんに結んでもらったり、あらかじめ結んである簡単な帯を使用するのがオススメ!

浴衣の着付けは、最初は難しく感じるけど、一つ一つの工程をゆっくり丁寧にやれば大丈夫!自分の着付けに成功したら、友達の着付けもやってあげよう♪
メイク方法も参考にしてみてね!

発行者:MANT編集部

このコラムに関するキーワード

「浴衣 」に関するコラム

その他のコラムを見る