MANT[マント]

乾燥に負けないベースメイクのコツ、ファンデーションの選び方

乾燥に負けないベースメイクのコツ、ファンデーションの選び方
寒い季節がやってくると、気になるのが肌の乾燥。口元がカサついたり、ひどいときには粉をふいてしまったり……当然メイク持ちも見ばえも悪くなって、もう散々!秋冬の乾燥に負けないために大事なベースメイクのコツ、知りたくないですか?簡単にできる肌質チェックで、自分にぴったりのファンデーションを探しましょう♪

ベースメイクの極意!自分の肌質を知ろう

ベースメイクの極意!自分の肌質を知ろう
じっとりと暑い季節が過ぎ去り、つめたーい風が吹くようになる秋冬……。女の子たちが気になるのは、ズバリお肌の乾燥では?

乾燥しがちのお肌はカサカサ、粉をふいてメイクのノリも持ちもいまいち。写真は美肌アプリで盛れても、リアルのお肌までは加工できないのがツライところ。

そこで今年の秋冬は、乾燥に負けないためのベースメイクを徹底的に研究しちゃいましょ♪

まず、いくら「乾燥を防ぐ!」といっても自分の肌質をよく知っておかないとダメ。やたらとこってりクリームを塗ればいいってワケじゃないんです。

もともと乾燥しがちの肌なのか、それともオイリー寄りの肌なのか、それによってスキンケアを変える必要があります。

自分の肌がどんな肌質なのか、ちゃんと知ってますか?もし「なんとなくはわかるけど、いまいちわかってないかも……」という女の子は、簡単にチェックできるのでやってみてくださいね!

簡単2ステップ!肌質セルフチェック法☆

簡単2ステップ!肌質セルフチェック法☆
1.洗顔後、化粧水などの保湿を一切しない状態でしばし放置
2.その状態で5~10分程度待ったら、肌の状態をチェック!

・全体的にカサカサしている→水分・油分ともに不足しがちな乾燥肌
・全体的に皮脂が浮いて、ベタついている→油分が過剰に分泌されるオイリー(脂性)肌
・カサカサのところとベタつくところがある→部位によって水分量・油分量が異なる混合肌
・適度なうるおいがあり、もっちりしている→とくに問題のない普通肌

オイリー肌だと思っていたけれどじつは混合肌だった!など、意外と思い違いをしていることもあるもの。自分の肌質を知ることが、キレイな肌を作る第一歩になりますよ◎

肌質に合わせたファンデーションの選び方

肌質に合わせたファンデーションの選び方
洗顔後のチェックで自分の肌質をチェックできたら、さっそくファンデーションを選んでみましょう!肌質ごとの項目をチェックしてみて♪

◯カサカサ・粉吹きがツライ!乾燥肌の場合
もともと乾燥しがちの乾燥肌さんの場合、もっとも重視しなくてはいけないのが「保湿」。とくに効果が高いといわれるのが、ヒアルロン酸やセラミドが配合されているもの。カサカサが気になる女の子は、含まれている成分もよくチェックして!

また、パウダーファンデーションよりリキッドファンデーションの方が保湿力に優れているので、強いこだわりがない限りはリキッドを選んでおくとGOOD◎

◯秋冬だって頑固なアブラがニクイ!オイリー肌の場合
乾燥しがちな秋冬だってなんのその!オイリー肌さんはできるだけ油分少なめのファンデーションがオススメです☆リキッドタイプよりはパウダーを、ツヤ感のあるものはテカって見えてしまうので、マットな質感のものを選ぶのがコツ。

また、秋冬も紫外線はばっちり降り注いでいます。紫外線に皮脂が反応すると肌トラブルを起こしやすくなるため、夏が終わったからと気を抜かずに紫外線対策はバッチリと!

◯あっちはカサカサ、こっちはテカテカ……ケアが難しい混合肌の場合
自分では気づいていないだけで、案外多いのがこの混合肌。基本的なケアとしては「保湿重視!」で、他の肌質と変わらないけれど、部位によってケアやメイクを変えてやる必要があります。

乾燥が気になるところは保湿力の高いものを、逆に皮脂が気になるところは薄めにつけるなど工夫すると、全体的にちょうどよいうるおい感がキープできるはず♡

季節がめぐれば肌の状態も変わっていきます。それってつまり、一年中ずっと同じスキンケア、メイクをし続けるというのがそもそもありえない!ってコト。

キレイな肌をキープするために、もっとも必要なのは「保湿」。だからこそ肌のうるおいが奪われる秋冬は、女の子にとってものすごく厳しい季節なのです!

乾燥からお肌を守るため、まずは自分の肌のことをしっかり知っておきましょう。そのうえで、肌質に合ったファンデーションやスキンケアを選ぶようにすると、秋冬もキレイをキープできるはず♡

発行者:MANT編集部

このコラムに関するキーワード

「メイク 」に関するコラム

すべてを見る(全31件)

その他のコラムを見る