MANT[マント]

バイバイ、紫外線ダメージ!秋こそ保湿でつるん肌めざしちゃお♡

バイバイ、紫外線ダメージ!秋こそ保湿でつるん肌めざしちゃお♡
夏の間はしっかり日焼け止めを塗って紫外線対策をしている女の子も、涼しくなるにつれて気を抜いたりしていませんか?じつは秋の保湿・紫外線対策こそ、つるんとした美肌をめざすためには欠かせないスキンケアなんです!

涼しくなっても、日焼け対策をサボるのはNG!

涼しくなっても、日焼け対策をサボるのはNG!
日差しの強い夏真っ盛り。「絶対に焼けたくない!」という信念を胸に、日焼け止めクリームを欠かさずに塗ってきた女の子たち。
ようやく暑い夏が過ぎ去り、秋の涼しい風が吹くようになるとひと安心……と、日焼け対策をサボっていたりしませんか?

じつは、夏が終わったからといって日焼け止めを塗るのをやめてしまうのは、お肌にとって完全無防備状態。そのまま外へ出ると、当然ながら大きな負担がかかるんです。
ここで気を抜かなかった女の子だけが、つるんとハリのある美しいお肌をキープできると心得ておきましょう!

「そうはいっても、夏より日差しが弱くなってるし、日焼けもしにくい。ちょっとくらいサボっても問題ないんじゃないの?」

とお考えのアナタ。本当にそれでいいんですか?
秋こそ紫外線対策をしっかりしておかないと、取り返しのつかない事態になってしまうかもしれませんよ……?

知ってる?紫外線のあれこれ

知ってる?紫外線のあれこれ
紫外線には、大きく分けて二種類あるって知っていましたか?それぞれUVAとUVBと呼ばれ、性質や降り注ぐ時期などが異なっています。
日常生活のなかで、わたしたちが強く意識するのはUVBの方。これがいわゆる夏にたくさん降り注ぐ紫外線の正体で、エネルギーが強く、浴びると肌が黒くなったり、赤くなってヒリヒリしたりします。

……というのは、日焼けを経験したことのある人なら誰でも知っていることですよね。

では一方のUVAは?これは地上に届く紫外線の9割を占めるとも言われ、一年を通してずっと降り注いでいます。UVBと違って、夏が終わったから少なくなるというわけではないんですね。
UVAはUVBと比べて、エネルギーの強さはゆるやかです。これに当たったからといって突然肌色が変わったり、ヒリヒリと痛みだすということはありません。

「じゃあ心配しなくていいんじゃないの?」

と思いますか?いえいえ、それは大間違い!
UVAは波長が長く、窓や服を透過してくるという特徴があるんです。つまり、家の中にいても、長袖の服を着ていても、そんなのお構いなしってこと!
さらにさらに、UVBよりも肌の奥深くまで届くから、じわじわと気づかないうちに肌にダメージを与えるイヤなやつ。
対策をせずにずーっとUVAを浴び続けると、そのうちシワやたるみができちゃうかも……!?という、じつはとっても恐ろしい紫外線なんです。

秋こそ保湿が大事な理由

秋こそ保湿が大事な理由
秋の肌は、じつはボロボロ状態。というのも、夏の間に強い日差しにさらされ続け、ダメージが蓄積されている状態だからなんですね。

さらに秋は、疲れきったお肌に追い打ちをかけるように、冷たい風、空気の乾燥、おまけに紫外線のトリプルパンチ。秋のお肌はノックアウト寸前なんです……。

これを助けてあげるのが、ズバリ保湿!うるおいを与えることによって外部からの刺激からお肌を守り、ハリのあるつるんとしたお肌へと導いてくれます。
ここできちんとお肌の手入れをすることで、夏に受けたダメージを癒やし、本格的に始まる厳しい冬を乗りこえることができるんです!

肌質によってスキンケアを使い分け!

肌質によってスキンケアを使い分け!
「保湿が大事」これは、どんな肌の人にとっても真実です。ただそのやり方は、肌質や状態によって変えてあげる必要があるんです。

ふだんから乾燥が気になる人は、保湿成分が配合されている美容液やこってりめのクリームを。オイリー気味の人は、なるべく油分の少ないスキンケア用品を使うことをオススメします。
また、肌の状態は体調やホルモンバランスなどによって変化することを忘れずに。

「自分はオイリー肌だから、絶対コレじゃなきゃダメ!」

とスキンケアを決めつけてしまうと、かえって肌トラブルをまねく原因にもなります。状況に応じて柔軟に、使い分けるのも大事ですね。

秋こそ保湿・紫外線対策をバッチリ行って、冬の間もつるんとしたお肌をキープしちゃいましょ♡

発行者:MANT編集部

このコラムに関するキーワード

「スキンケア 」に関するコラム

その他のコラムを見る