MANT[マント]

脱くちびるおばけ!トレンド赤リップを誰よりも可愛く取り入れる♡

脱くちびるおばけ!トレンド赤リップを誰よりも可愛く取り入れる♡
トレンドの赤リップ。今年ももちろん流行中のようで、街中では赤リップメイクを楽しんでいるオシャレな女性がたくさん歩いていますよね。さて、そんなトレンドの赤リップですが、やっぱりこれもご自身にとって合う合わないが極端になりやすいメイクです…。

これまで無意識に取り入れていた方も、これから取り入れる方も、是非参考にしていただきたい赤リップの取り入れ方のコツをご紹介いたします♡

赤リップを中心とした引き算メイクを意識!

赤リップを中心とした引き算メイクを意識!
メイクは塗れば良いというものではありませんよね。アイメイク、チーク、リップを重ねすぎないようにどこを主張して、どこを抑えれば良いのか、常にバランスを取りながら、計算してメイクする必要があります。そんなメイクにおいて赤リップはかなり見た目のインパクトが強いです。

なので、赤リップを中心とした引き算メイクを意識して取り入れていきましょう。他のメイクポイントも負けじと全部強い印象にすると、かなり派手顔というか厚化粧なイメージになりますので気をつけて!

まず、リップに近いチークはほんのり薄づきか、敢えてチークは入れず、シェーディングとハイライトでメリハリのある顔立ちを作りましょう。アイシャドウも肌馴染みの良いヌーディなブラウンにゴールドを少し足して。反対にアイラインは黒でしっかり引いて、眉はダークカラーでキリリとした印象に仕上げましょう。顔の印象をつくる大きい面積(チーク・アイシャドウ)には色を足さない、代わりにポイントに黒を使って引きしめるのがおすすめですよ。

肌の色味に合わせて、赤のトーンをチョイス

肌の色味に合わせて、赤のトーンをチョイス
赤リップをした時に、赤さだけが浮いてみえてしまうことはありませんでしたか?そのように感じた時は、赤の色味が合っていない場合があります。人の肌は、大きく分けて青みがかったブルーベース肌と黄みがかったイエローベース肌に分けられます。厳密にはプロのカラーリストに診断してもらう方が良いのですが、セルフチェックで簡易的に判断したい時は以下のポイントをチェックしてみてください。

【A】
・オレンジが似合わない
・蛍光灯の下だと一気に顔が疲れる
・静脈の色が浮き出る(手首などに青筋が立ちやすい)

【B】
・明るい色が似合う
・瞳の色が明るい茶色
・くすみ系の色を着ると疲れてみえる

Aの方が当てはまる方はブルーベースの可能性が高いです。
Bの方が当てはまる方はイエローベースの可能性が高いです。

そして、赤リップの選び方ですが、Aのブルーベースタイプの方はメリハリのあるビビッドレッドや、バーガンディといったローズ色の入ったリップが似合います。反対にBのイエローベースの方は、オレンジ系の色味が入った朱赤(アプリコットなど)が似合います。似合う赤を知れば、色選びに迷うことがないので、ぜひ肌なじみの良いものを探してみてくださいね。

目標は「白雪姫」or「アジアンビューティ」

目標は「白雪姫」or「アジアンビューティ」
さて、赤リップを使ったメイクをするには、やっぱりお手本となる女性像のイメージが必要です。そこで赤リップメイクを成功させるための目標にすると良い、女性のイメージをご紹介します。もともと顔立ちが幼めで年齢よりも下に見られる方は“白雪姫メイク”を、反対に顔立ちが大人っぽくクールな方は“東洋美人”を意識してメイクをしてみてください。

白雪姫メイクのポイントは、チークにほんのり薄くピンクを入れ、眉をやや下がり気味でふんわりした質感に仕上げることです。アイラインは敢えて目立たせず、ナチュラルに。大人可愛いタイプに似合う赤リップメイクになります。

東洋美人系のメイクポイントは、チークレス(チークをいれない)もしくはベージュ系のヌーディチークでマット感を出します。アイラインは大胆に太く、目尻を跳ね上げたキャットラインが似合うでしょう。眉は長谷川潤さんをイメージしたキリリ眉でも素敵ですね♡


赤リップは、赤いルージュを引けば赤リップメイクになる…というワケではありません。ご自身の顔立ちに似合うメイクポイントを押さえることと、似合う赤色を見つけ出すことがとても大事なんです!
ぜひ、夜お風呂に入る前にでも、今回ご紹介したポイントを参考にメイクを試してみてはいかがでしょうか?

発行者:MANT編集部

このコラムに関するキーワード

「赤リップ 」に関するコラム

その他のコラムを見る