MANT[マント]

秋冬こそ!簡単・ササッとできるアップ×ヘアアレンジのすすめ

秋冬こそ!簡単・ササッとできるアップ×ヘアアレンジのすすめ
「髪型に手をかけている時間がない」「不器用だから凝ったアレンジなんてとても無理!」なんて言って、ついいつも同じような髪型に落ち着いてる……そんな女の子が多いのでは?でも、寒い季節ほどアップスタイルがオススメなんです!今回は、簡単・手早くできるアレンジスタイルをご紹介します。

さむーい冬こそ髪をアップに!その理由は?

さむーい冬こそ髪をアップに!その理由は?
ちょこっと手を加えるだけでイメチェンできちゃうヘアアレンジ。おしゃれな女の子としては積極的に取り入れたいけれど、ついつい面倒でいつも同じ髪型に……。なんて、もったいなーい!

全身コーデをよりオシャレに見せるには、全体のバランスがとっても大切です。寒くなる秋冬は、どうしてもモコモコと着るものが多くなります。つまり「足し算」になりがち。
そのうえ長い髪をバサッとおろしたスタイルでは、全体的にメリハリのない印象になってしまうんです。

足したら、ほどよく引き算することが大事!体全体がモコモコになりがちな寒い季節こそ、アップスタイルのヘアアレンジでスッキリ見せることを意識しましょう。

次では、ぶきっちょさんにも簡単にできるヘアアレンジ法をご紹介します。

定番!ポニーテール

定番!ポニーテール
アップのヘアアレンジといえば、定番のスタイルがポニーテール。でも、ただひとつ結びにしただけではちょっとおもしろみがないですよね?そこで簡単にできちゃう小技を利かせて、あっという間にトレンド感のある仕上がりに!

どのスタイルにも言えることですが、ヘアアレンジ前には少し髪を巻いておくとやりやすいです。さらさらのストレートヘアは髪がすべってアレンジしにくいし、崩れやすくなります。パーマがかかっていれば、そのままでもOK。

さて、こなれ感のあるポニテを作るコツは、ズバリひっつめないこと!定番のスタイルを今っぽく見せるポイントは「ゆるさ」です。

やり方は簡単。ぎゅっといつものように結んでから、少しずつ髪束を引き出していけばいいんです。
このとき、タテのラインを意識してみてください。頭のてっぺんからタテのラインを意識しつつ、ちょっとずつバランスを見て引き出していきましょう。
「こなれたゆるさ」のはずが「ボサボサのお疲れ感」になってしまうのは、タテではなく全体的に引っ張ってしまうせいです。鏡を見ながら、ちょっとずつやってみてくださいね。

最後に結び目にかわいいヘアアクセをつければ、時間がない朝にもできちゃう簡単ポニテスタイルのできあがり♡

キュートにもフェミニンにも♡おだんご

キュートにもフェミニンにも♡おだんご
女の子らしいかわいらしさを演出するなら、おだんごアレンジがGOOD!こちらもひっつめすぎると生活感が出てしまうので、ゆるめに作るのがコツです。

しっかり作ろうとすると難しいですが、ゆるっとまとめるだけなら簡単。ポニーテールを作るときに、ゴムに全部の髪を通さずにくるっとおだんごを作るだけでできちゃいますよ。

サイドの髪をねじって根元に巻きつけたり、作る位置を高め・低め・サイドなど変えてみたりと、アレンジの幅が広いのもうれしいですね!

おだんごというとカジュアルなイメージが強いですが、シニヨンならより大人っぽく、フェミニンな印象を与えることができます。カチューシャやリボンなどでアレンジすることによって、パーティスタイルとしても通用する万能ヘアアレンジですよ♪

レトロファッションとも相性バッチリ☆三つ編み

レトロファッションとも相性バッチリ☆三つ編み
三つ編み単体でもヘアアレンジとして成り立ちますし、ポニーテールやおだんごと組み合わせてアレンジすることもできますね。似たようなスタイルに編み込みやロープ編み、フィッシュボーンなんかもありますが、まずは基本の三つ編みをマスターしておくと何かと便利です。

どのスタイルにも共通していますが「ゆるめに結ぶ」というのが、今っぽさを演出するポイントになります。とくに三つ編みはきっちり結ぶと、昭和の女学生みたいになってしまいますからね……。
でもそれはそれで、トレンドのレトロファッションとの相性が良いので、あえて狙っていくのもアリかも!

また、三つ編みアレンジのメリットは、髪がそれほど長くなくてもできること。ボブくらいの長さでも、サイドの髪を編み込んでうしろでくるりんぱを作る……なんてアレンジも充分できちゃいますよ。

長さがないといつも同じようなヘアスタイルになりがちですが、気分を変えてみたいときにぜひ試してみて♡


寒いからといって、つい足し算ばかりのコーデになってしまいがちな秋冬。全体のバランスを良くするためにも、ヘアスタイルは引き算を意識して、アップスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

「ヘアアレンジには自信がない……」というぶきっちょさんも、”ちょっぴりゆるめにまとめる”を意識することによって、簡単に今風の髪型になれちゃいますよ♡ぜひトライしてみてくださいね!

発行者:MANT編集部

このコラムに関するキーワード

「ヘアアレンジ 」に関するコラム

すべてを見る(全10件)

その他のコラムを見る