MANT[マント]

クラシカルな“ゴブラン柄”。どう着こなすのが正解?

クラシカルな“ゴブラン柄”。どう着こなすのが正解?
数年前まではスポーティでシンプルベーシックなアイテムが主流でしたが、2017年に入ってからのトレンドは、デコラティブでフェミニンな要素が強くなっています。
そして、レトロなアイテムがトレンドの今、にわかに注目を集めているのが「ゴブラン柄」アイテム♪

クラシカルでかわいいゴブラン織のお洋服は、上手く着こなせると素敵だけど、一歩間違えると“おばあちゃん感”満載な残念コーデに……。
そこで今回は、ゴブラン柄アイテムで失敗しないための鉄板コーデをご紹介します♡

鉄板で似合うトップスは白のニット

鉄板で似合うトップスは白のニット
おばあちゃんっぽさを感じるゴブラン柄は昔からある織物のデザイン。
当時は、衣服よりも絨毯やバッグなどに使われることが多く、その歴史が長いため、おばあちゃんの持ち物という印象が強くなっています。

そんなゴブラン柄をあしらったアイテムは暗めのカラーで構成されています。
暗いトーンのものを合わせると全体的に暗くなり過ぎてしまうので、必ず白いアイテムを取り入れましょう!
おすすめはゴブラン柄スカート×白のニット♡
トップスが明るいと顔うつりがよくなるので、パッと華やかなコーデに仕上がりますよ♪

ファー素材をどこかに取り入れる

ファー素材をどこかに取り入れる
ゴブラン柄のアイテムと相性の良い素材は、高級感のあるファー素材のアイテム!
ゴブラン織(つづり織)のアイテムは、厚みのあるしっかりした生地で作られていることが特徴です。
柔らかい薄手のアイテムを合わせてもいいですが、秋冬にピッタリな素材なので、ワンポイントにファーアイテムを取り入れて全体の量感を整えるのがおすすめ♪
ファーバッグやファーストールなどの小物でいいので、厚みを出すことでお手軽にこなれ感を演出してみましょう♡

足元はショートブーツ&透けタイツがマスト

足元はショートブーツ&透けタイツがマスト
ボリュームのバランスも大事ですが、着膨れを起こさないようにも気をつけましょう!
大切なのはコーデのどこかにヌケ感をつくること。
例えば、ゴブラン柄ミニスカートにロングブーツの組み合わせ……これはスタイルが良い人が組み合わせると悪くないのかもしれませんが、ちょっと重たい印象になり着膨れの原因になりそうですよね。

スカートで取り入れたなら、ショートブーツで足を出すのがベター!
タイツもできれば厚地のものではなく、足を曲げると肌色がうっすら見える程度の40デニールぐらいがおすすめです♪
全体が重くならないように、足や首回りで肌見せをすることでスタイルアップに繋がりますよ♡


今回はゴブラン柄をボトムスに取り入れるときのおすすめコーデをご紹介しました。
他にもバッグや靴、思い切ってジャケットなどのアウターに取り入れる方法もありますが、上級者向けアイテムだけあって着こなすのはなかなか難しいです。
また、ショートパンツも可愛いですが、意外と体型カバーが難しいので、足に自信が持てないという方はシンプルなタイトスカート、もしくは台形スカートがおすすめ♪
まずは、鉄板で使えるスカートからゴブラン柄コーデを始めてみましょう!

発行者:MANT編集部

このコラムに関するキーワード

その他のコラムを見る