MANT[マント]

【長さ別】黒髪だってかわいく・おしゃれになれるヘアアレンジ

【長さ別】黒髪だってかわいく・おしゃれになれるヘアアレンジ
校則で決まっていたり、就活中だったりと、ヘアカラーができない!というお悩み、ありませんか?黒髪といえば清楚というイメージが強く、男の子ウケ抜群!なのですが、「なんか地味」「やぼったく見えちゃう」という悩みを持つ女の子も多いようです。でも、ちょっとひと手間加えてあげれば、黒髪だってかわいく、おしゃれに見せることができるんですよ♡

ヘアアレンジするのに用意しておきたいもの

ヘアアレンジするのに用意しておきたいもの
ヘアアレンジする際に、揃えておきたいアイテムはこちらです。

・コテ
・ヘアワックス、スプレーなど
・ヘアアレンジに使うゴムやヘアアクセ

これといって特別なものはないので、すべて持っている!という女の子も多いのでは?ヘアアレンジにこれらは欠かせないので、もし持っていない子はこれを機会に購入を検討してみてね♪
サラサラのストレートヘアは滑りがよく、結んでもパラパラと落ちてしまいます。コテでゆるめに巻いておくと髪同士がまとまり、アレンジがしやすくなります。それに、ゆるふわ感が出てかわいらしく見せてくれるんです♡
黒髪に限らず、ヘアアレンジは「ちょっとゆるく」「ふわっと」「きっちりまとめない」あたりを意識してみると、今っぽいアレンジができます。覚えておいてくださいね!
では、次からさっそくアレンジ法を見ていきましょう!

ショート~ショートボブ

ショート~ショートボブ
長さが足りず、アレンジなんかできない……と思われがちなショートヘアですが、ヘアアクセを加えることでぐっとおしゃれな印象に◎
【ピンを使う】
もっともお手軽なのが、ピンを使ったアレンジです。シンプルな形でおなじみのアメピンにも、カラーバリエーションが豊富だったりワンポイントがついていたりと、いろいろな種類があります。たくさん揃えておくと、その日の気分でつけられて楽しいですよ♪
また、シンプルなピンをあえて何本かまとめてつけることで、インパクト大!なアレンジにもなります。ピンをざくざくと無造作に挿していくだけでOKなので、ぶきっちょさんでも簡単にトライできますね。

【ヘアバンド・バンダナ・スカーフなどを巻く】
レトロブームに合わせて、ヘアバンドアレンジを楽しむ人も増えていますね。とはいえ「おしゃれ上級者向けっぽくて、ハードルが高い……」と感じる人もいるのでは?
それなら、黒やネイビーなど髪色と近いカラーを選ぶのがおすすめ。ヘアバンドだけが目立つことがないので、初心者さんでも挑戦しやすいですよ。
慣れてきたら、コーデの主役になりそうなはっきりしたカラーやデザインのものをつけてみて♡またコーデの幅が広がって、楽しめるはず!

【ハーフアップ】
ショートボブくらいの長さがあれば、ハーフアップも可能ですね。全体的にコテでゆるく巻いておくと、ガーリーなふわっと感がうまく出せるのでオススメ!毛先はそのままでも、くるっとシニヨンとしてまとめても◎
かわいく見せるポイントは、ぎゅっとひっつめずに、結び目から少し毛を引き出すコト。これによってほどよいゆるさが出て、グッと今どき顔になれます!

ミディアム~ロング

ミディアム~ロング
ミディアムからロングヘアになると、かなりアレンジの幅も広がります。一つ結びにするだけも手軽にアレンジができますが、もうちょっと手を加えるともっとおしゃれに!

【お団子をつくる】
お団子は、作る位置によって雰囲気がガラッと変わるのが特徴です。頭のてっぺんに作ればかわいく、下の方に作れば大人っぽくなれます。
いずれにしても、事前にコテで巻いておくことによってアレンジがしやすくなりますよ。黒髪と相性の良いぱっつん前髪と合わせてもかわいいですね♡

【くるりんぱ・逆りんぱ】
お手軽ヘアアレンジの定番となったくるりんぱも、髪の長さがあると作りやすいですね。
やり方をおさらいしておくと、少しゆるめの一つ結びを作り、根本を分けて結んだ毛先を上から下へ向かって通すだけ。最後にぎゅっと引っ張ってできあがりです。逆りんぱは下から上へ向かって通すやり方で、ボリュームのあるポニーテールが作れます。
基本のくるりんぱを覚えておくと、いろいろなアレンジと組み合わせることができるので、とっても便利ですよ!




黒髪でも手軽にできるヘアアレンジ法をご紹介しました!小物とプラスしたり、巻いてから結ぶだけで簡単にできるアレンジばかりなので、髪型にマンネリを感じたら試してみてくださいね♪

発行者:MANT編集部

その他のコラムを見る